しかし、彼はまだオーバーエージ枠での東京五輪出場を諦めていない